忍者ブログ
[1] [2] [3
Posted by - 2017.09.25,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
一度加入すれば終わりの商品ではないのが生命保険です。ライフステージの、家族の増減、住宅の購入、収入の状況などに合わせてその都度見直す必要 があるのです。

更新時期が、生命保険の見直しのタイミングとしてよく用いられます。定期タイプの生命保険のほとんどが10年か15年で更新時期が訪れるでしょ う。

ライフステージの変化が起こる時期、それが10年や15年なのです。子供が生まれる、子供が独り立ちする、マイホームを購入するなんてこともあ るでしょう。

また、更新に伴い保険料がアップするはずです。このタイミングを利用して生命保険を見直すと良いでしょう。

更新時期が近づくと、生命保険の保険会社から更新の連絡が届きます。多くの場合、新しい商品などの転換契約を求めてくると思いま す。

これまでの契約を解約させ、新しく契約を結ぶのが転換契約のほとんどで、旧契約のメリットは失われます。場合によっては、早期更新を迫って検討 をさせないこともありますが、焦らなくて大丈夫です。





PR
Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
現在では様々な経路から生命保険に加入することができます。加入する方法には、生命保険会社に所属する保険営業マンや生保レディーのほか、保険 ショップなどの保険代理店やインターネットなどがあります。

どのようにして生命保険に加入するのが最適なのでしょう。生命保険の掛け金は月々にしたらわずかですが、一生の支払い金額を合計すると、住宅を 購入する額に近づきます。このようなことから、生命保険の加入は自分のライフプランに合ったものにすることが適切です。

営業担当・代理店から加入する場合のメリットとデメリットを見ていきましょう。 生命保険の営業担当は、各保険会社に所属しています。そのため、その会社の保険知識は豊富でしょう。

歩合制で給料をもらっていることが多いため、売上げを上げないと、給料が減ってしまいます。このような給与形態で給料をもらっていない人もいま すが、こうした現況も認識しておきましょう。









Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
気になるポイントとして、生命保険を検討するときには主契約と特約が挙げられます。生命保険を検討してみたものの良くわからないと言う方は主契約 と特約が理解できていないのかもしれません。

契約の中でも生命保険の本体部分にあたるのが主契約になるのです。主契約には定期保険や養老保険など様々な形がありますが、突き詰めると生命や 傷病などによる損害を保障する部分ということができます。

例えば、「死亡時に1000万円の保障を受けることができます。」という部分が主契約部分になるのが生命保険と考えておけばよいでしょ う。

主契約に追加できるオプションのようなもの、それが特約です。考え方としては、生命保険の保証内容をより充実させるのが特約と捉えるといいで しょう。

特約も様々なものが用意されているので、利用すれば主契約以外でも多くの保障を受けられます。多くの生命保険で入院保障やがん保障といった特約 が提案されています。







Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
生命保険は、多くの保険会社から多種多様な商品がでているため、自分に適した生命保険を選定するのは大変困難です。最適な生命保険を選ぶには、膨 大な情報を調べたり、分析したりする必要あります。このため、今では最適な生命保険を決める作業も仕事になっています。

こうした事情を反映して、相談サイトでは無料で保険のプロであるファイナンシャルプランナーに相談できるサービスを提供しています。サイトを開 設しているファイナンシャルプランナーは、保険会社とは関係ないため、必要な保障額や最適な生命保険などを、中立な立場から公平に判断してくれま す。

わかりやすい生命保険比較を行ってくれるので、生命保険選びが簡単になると思います。生命保険を選ぶ際はこうしたサイトを利用すると良いでしょ う。

こうしたサイトを利用するにしても、前段階として自分である程度調べたいという方は3つのポイントを確認しながら生命保険比較をおこなってくだ さい。着目すべき項目とは、生命保険の目的、自分に必要な保障額、契約期間の3点です。









Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
生命保険の格付けという言葉があります。これは、生命保険を選ぶときに使いますが、端的に言えば、生命保険会社の総合評価のランキングです。この 格付けは、保険会社が発行している社債が、元本と利息で支払って、適正に行われているかを評価したもので、

指標の表示は、A、B、C、Dのアルファベットを使っています。この格付けは、その生命保険会社が、これから、きちんと保険金を払って いけるのかどうかを推測する貴重なデータになりますので、

生命保険を選ぶときは、格付けをみておくことが重要です。しかしながら、この格付けは絶対的な判断材料にはなりません。

それは、格付けを行っている会社が複数あり、会社によって評価が違う場合があるからです。また何らかの経営状況などでは、その時発表されたもの とは実際にはすでに違っているケースもあります。

あくまでも生命保険の格付けは参考程度にするようにして、ランクを見るならいくつかチェックしておくといいかもしれませんね。スタンダードアー ズやムーディーズといった生命保険の格付け会社が有名ですので、これらを参考に見てみましょう。/>
生命保険を選ぶときは、格付けランクを確認し、将来ちゃんと保険金が払えるのかどうかを調べておきましょう。





プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
カテゴリー
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]