忍者ブログ
[1] [2] [3
Posted by - 2016.12.04,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2020.03.21,Sat
当サイトは、生命保険の見直しや新しく加入したいという方のために選び方のコツやポイントを掲載しています。今となっては、ネットで簡単に申し込める生命保険ですが、しっかりプランを把握して自分に合った保険に入らないとかなり損をしていることをご存じでしょうか?

広告やコマーシャルのみに頼って、それとなく内容を把握しないまま加入すると、いざというときにこんなはずじゃなかったということになりかねません。保険は生涯にわたって払わなければいけないので総額ではかなりの金額になります。なので、正しい選び方をみにつけましょう。

現在加入している保険に対して不満を感じてることはありませんか?例えば、知り合いに勧められるまま加入してしまった、保証内容と払っている金額が相場に対して適正かどうかわからないなど、

保険の内容に不満を感じているときこそ、保険を見直すタイミングです。また、退職、就職、結婚、出産などをきっかけに保険を見直す家庭が増えています。

子供ができたので手厚い保証内容にしたい、保証内容はそのままで出費をおさえたい、などなど。人生のその時そのときによって適した保険というものがあります。

ライフステージが変わったり、現在の保険に不満を感じている場合は保険を見直したほうが金額的にかなり変わってきます。生命保険はマイホームの次に大きな買い物と言われているぐらいですので、保証内容をしっかり把握し、自分に合った保険選びをしましょう。


独身に人気の保険相談サイト
  • みんなの保険アドバイザーは口コミサイトで評価の高い国内大手の保険相談サービス
  • 無料相談を受けた人1000人以上のアンケートで満足度94%
  • 一例として、月額1万円の保険料だった人が3000円に
  • 相談員は独立系のFPなので、公平な立場で紹介してくれる
  • 些細な相談にものってくれると非常にいい口コミが多い
  • 相談申込みはオンラインからわずか5分という簡単さ



PR
Posted by No Name Ninja - 2014.03.22,Sat
生命保険を見直したい方の中で、最も多いのが保険料を安くしたいと言う要望です。生命保険の多くが死亡などの保険事故が発生した場合に、高額の保 険金をお支払いすることになっています。

加齢とともに上昇するのが死亡などの保険事故のリスクなので、年々負担する保険料が高くなっていくのは当然です。10年定期の生命保険などを利 用している場合、一気に保険料が倍額程度になることも珍しくないので保険料を安くしたいと考える方が多いのでしょう。

将来の前に現実の生活を楽にしたい、いくら生命保険が将来への備えだと言っても、その気持ちもよくわかります。では、生命保険を安くするために 行う見直しはどのように行えばよいのでしょうか。

必要な保障額を削らないこと、これが生命保険の保険料を安くする上で最も注意したいポイントです。保障額を保険料を安くしたい一心で削ってしま う方がいますが、十分な役割を果たせないのが必要な保障を受けられない生命保険です。









Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
団体信用生命保険は、住宅ローンを借りている間に、ローンを契約している人が万が一死亡してしまったり、障害を負ってしまったという場合には、本 人に代わり、生命保険会社が、住宅ローンの返済を行ってくれるというものです。実際には住宅ローンの返済を行うというのではなくて、住宅ローンの 残りの債務の分だけ保険料を支払ってもらえるという生命保険です。

端的に言えば、住宅ローンの返済中に死亡したら、そのローンは返済しなくてもよくなることです。団体信用生命保険の保険料は、他の生命保険に比 べ安くなります。それは、住宅ローンを組む際に、事前に金融機関が生命保険会社に加入者をまとめて、申込手続きを行うからです。

また、加入するときの年齢によって保険料に差が出るということがないのが特徴です。ただし、団体信用生命保険は、生命保険料控除の対象外になり ます。

住宅ローンの申し込みに際し、ほとんどが団体信用生命保険への加入を義務づけています。団体信用生命保険に加入しない場合、住宅ローンの返済途 中で、死亡したり、高度の障害を負ってしまったりして、ローンの返済ができなくなることも予
想されます。このようなことを回避するため、加入の義 務化にしているようです。

これは、自分で選ぶのではなく、金融機関の紹介になります。







Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
生命保険を解約する場合には、なかなかスムーズに解約の手続きが進まないという話を聞きます。生命保険に加入したときの担当者に電話しても、解約 の手続きを進めてくれないという苦情も聞きます。

解約してもらうことを待っていてはなかなか進みません。自分で解約できるように勧めてましょう。まず、生命保険会社に電話して下さ い。

電話は営業スタップにしてはだめです。保険の解約なので、生命保険会社のサービスセンターなどに電話するのが良いでしょう。電話は、保険証券な どにサポートセンターの電話番号が明記されていますから、それを確認して行いましょう。

ここに連絡をするだけで、生命保険の解約手続きがかなりスムーズに進むと思います。解約にあたっては、保険証券に加え、契約時の印鑑と身分証明 書が必要となります。

あと、解約返戻金の振込み口座の通帳も用意しておきましょう。解約返戻金がない場合には、解約の手続きが進まないのであれば、保険料が引き落と される際にお金を入れなければ、保険料未払いになって、保険の効力がなくなるので、それで解約したのと同じ状態になります。
/>生命保険の解約は、迅速に進まないようです。自動車保険のように、解約や乗り換えが円滑に進むと思っていたら、案外、解約が難しいという声もあ りますので、なるべく早く手続きを始めるのが良いでしょう。





Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
生命保険に加入する際、既往歴や健康状態を必ず告知する必要があります。過去に大きな病気を経験している方や、健康状態に問題を抱えている方に とっては、大きな不安になる項目ですがなぜ告知が必要なのでしょうか。

生命保険以外の保険でも、一人ひとりのリスクを全体でカバーする相互扶助が保険の仕組みなのです。リスクを全体で補うシステムですから、リスク と負担は同じでなければなりません。

人によってリスクや負担が異なると、不平等が発生してしまいます。最近、癌にかかった人は、過去に病気をしたことがない人と比べ、リスクが高い と言えます。

このような人は、健康な人より保険金をもらえる確率が高くなりますので、負担が同じでは不平等になります。過去に病気をしたことがなく健康な人 は、健康でない人に比べリスクが低いため、支払っている保険料が高いことになります。

こうした不平等をなくすために、生命保険加入時に告知義務を課しているのです。







プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
カテゴリー
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]