忍者ブログ
[1] [2] [3
Posted by - 2017.05.25,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
生命保険の相談はどこで行えばいいのかわからない人は多いと思います。今では、フィナンシャルプランナーに連絡を取り、相談する方法が活用されて います。

フィナンシャルプランナーとは、金融関係の資格を持っているプロで、生命保険などに関しても高い専門知識を持っています。ですから、生命保険に 関する相談ごとがあるという場合には、フィナンシャルプランナーに相談してみてはいかがでしょうか。

保証内容と自分の求めているものをよく考えず保険会社の比較もせずに決めてしまう方もいますが、こういう風に決めてしまった保険はよくみてみる と自分に全然合っていないのではないでしょうか。

自分が必要とする保障内容の保険に加入することが大切です相談をして自分に今必要な保障はどんな保障で、その保障を満たしている生命保険はどれ なのか、相談をしてアドバイスしてもらうのが一番いいでしょう。

生命保険について相談したときに、家族の年齢や構成などを聞かれます。そして、そのデータを使って、自分の希望に沿ったプランをいくつか作って くれる生命保険会社が多くありますから、試しに相談してみま
しょう。







PR
Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
納税者が一定の生命保険料のほか、介護医療保険料や個人年金保険料を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができるのが生命保険料控 除です。この対象となっている生命保険料は、保険金の受け取りが自分の場合や家族の場合の保険料、掛け金です。

しかし、保険期間が5か年未満の場合と簡易保険の場合は対象外になります。個人年金保険料の対象は、保険料と掛け金になります。

生命保険料控除における控除額は、上限の金額が決められています。では、どのように決められているのでしょう。1年間に支払った生命保険料の総 額が2万5千円より少ないときは、支払った金額すべてが控除されます。

そして2万5千円以上で、5万円以下の場合には、支払った金額の半分に1万2500円を足した金額が対象になります。そして、5万円以上、10 万円以下の場合は、支払った金額の合計を4で割って、その額に2万5千円を加えた金額が控除額になります。

なお、生命保険料控除を受ける人は、確定申告のときに、生命保険料控除額を書く項目がありますから、そちらに記入するといいと思います し、サラリーマンなどの給与所
得者の場合には、年末調整の時期に控除を申請することになります。

生命保険の1年間の保険料が9千円以下のときは、控除の対象になりません。





Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
生命保険を比較してみたことがありますか。生命保険を選ぶということは、家やクルマを選ぶことと同じぐらい重要なことですので、慎重に進めて下さ い。それは、生命保険に支払う保険料が大きいからです。

毎月の支払いは少額でも、それが長年続くと、総額は大きくなります。その額は、家を求める費用に次ぐ大きなものになります。このようなことか ら、加入するときは、必要上の保障のために無駄な保険料を支払うことのないように、注意深く比較検討しましょう。

生命方法の選び方には、保険料の安さで判断するという方法もあると思います。ですが、保険料の安さを重視して加入してしまうと、自分にとって保 障内容が不十分な場合もありますので、保険料の安さだけをみて決めるのは避けましょう。

どうしても保険料の安さで選びたいという人は、保険料に加え、保障の中身、サービスの充実度、対応レベルなども見比べましょう。他にも、生命保 険の比較では、充実した特約の有無や、サービス面での比較もできます。

現在では、サイトの情報や口コミなどを眺め、どこの生命保険が自分に合っているのか検討する人も増加し
ています。そして、生命保険に実際、加入 している人から話を聞いて判断すると、うまく選ぶことができるようです。







Posted by No Name Ninja - 2014.03.21,Fri
日本人は諸外国に住んでいる方に比べ心配性だといわれています。不安を感じやすいDNAを持っているという説もありますが、そのこともあってか多 くの人が生命保険に入っています。

生命保険に加入している男性は79.0%、女性は79.5%です。これは生命保険文化センターの「生命保障に関する調査」(平成22年度)の データです。非常に高い割合で生命保険に加入していることがわかるのですが、平成19年度の調査と比べると男性で1.8ポイント減少し、女性で 0.3%増加しています。

高い割合で推移していますが、全体の流れとしては若干減少傾向にあるようです。 年代別の加入率で見てみると、最も少ないのが20代です。

男性51.3%、女性52.8%という割合です。40代から50代は逆に最も高くなっています。40代の加入数は男性89.0%、女性 88.8%、50代の加入数は男性89.5%、女性85.4%です。









プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
カテゴリー
P R
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]